009:「着想力」を高めるのにおすすめな書籍紹介

こんにちは。

前回は、「BBTアイデア天下一武道会」について熱く語ってしまいました。

このブログを読んでいただけているみなさんは、こんなブログ読む前に会員登録して毎週チャレンジし続けることをお勧めします!

さて、ここから暫らくは、003号で定義した「企画を生み出すのに必要な力」のうち「Innovationスキル(着眼点+ソリューション)について、様々な角度からご説明したいと思います。

 

22skills

以下のような、いくつか方法を考えているのですが、まずは書籍紹介から始めます。

  • 「着想力」を高める書籍、サイト、番組紹介
  • 普通じゃない「着想」をするためのメソッド紹介(Break the Biasもその一つ)
  • 「着想」している間の頭の中の動きの実況中継

まずはここにある本は読んでおくことをお勧めします!恐らく100冊以上読んだ中から厳選してお勧めしてます。どれもすっごくためになるし、事例もたくさん載ってるので、頭の引き出しにしまいやすいです。

「着想力」を高めるのにおすすめな書籍

capd20161107

 

今日は短いですが、これで失礼します!

しつこいようですが、今日おすすめした本は一通り読んで、かつ「BBTアイデア天下一武道会」に毎週投稿するぐらいの意気込みがないのであれば、企画力をある程度まで上げるのはかなり難しいと思います。

一緒にがんばりましょう!

そいでは!

【今日の「細かすぎて伝わらない思考」】

みなさん、「人志松本のゆるせない話」って見たことありますか?「すべらない話」は有名ですが、企画力を伸ばしたいみなさんには「ゆるせない話」が絶対にお勧めです。この番組は企画スキルのうちの1つ目の「着眼点」の宝庫です。普通の人は気付かなかったり、流してしまってるけど、自分は絶対に許せないことを熱く語ってます。着眼点めちゃめちゃ面白いです。個人的に好きなのは「たむけんさんの、川でスイカを冷やす人」や「キム兄の、出入り禁止」です。ぜひ見てみてください。これ自分だったら何を出せるのかって考えると相当難しいことがわかると思います。

 

※企画道ブログにリクエストしたいテーマがあればコメント欄に書いてください

Follow me!