002:「企画」って何のこと指してるの??

では、まずはこのブログで取り扱う「企画」というものについてお伝えします。

みなさんがイメージする「企画」ってきっと様々だと思うのですが、
このブログで取り扱う「企画」の定義は以下にしたいと思います。

「なるほど、うまいね!」と言いたくなるアイデアを実現することで
→社会の問題を解決すること【問題解決】
→新しいニーズを生み出し、満たすこと【機会実現】

【問題解決】は分かりやすいと思うので【機会実現】について補足しますね。

例えばfacebookって問題解決から生まれたサービスでしょうか?
ディズニーランドって問題解決から生まれたサービスでしょうか?
マグロの解体ショーって問題解決から生まれたサービスでしょうか?
AKBって問題解決から生まれたサービスでしょうか?

違いそうですよね^^;

これらは、人間の「快」の感情を捉えて生み出されたもので、逆に【問題解決】は「不快」の感情を捉えて生み出します。

このブログでは【問題解決】の企画を中心に扱いますし、実際皆さんのお仕事で使うのはこちらが多いと思います。ただ、企画にはこの2種類があって、それぞれちょっとアプローチが違うということを頭に置いておいてください。

話を戻します。

「なるほど、うまいね!」と言われるためには、以下のどちらかの要素が含まれてないといけません。

  • 多くの人が気づいていない(諦めてる)問題」に気づく
  • 多くの人が思いつかない方法」で解決する

そして、ここからが僕が世間一般常識とは違った考えを持ってると感じるポイントなのですが、

多くの人が思いつかない方法を思いつかない限り、
多くの人が気づいていない問題に気づけない

という風に思ってるのです。

よく「Howの話は後で考えればいい」とか言う人いるじゃないですか。

僕はそうは思いません。Howが先とも言い切りませんが、少なくとも「誰」の「どんな不快」を「どんなHow(価値)」で解決するのかを、同時並行で考えずにいい企画が出てきた話を聞いたことがありません。

と、熱くなったところで今回は終了です。

次回は、いい企画を生み出すのに必要な力について考えてみたいと思います。

そいでは!

【今日の「細かすぎて伝わらない思考」】

半径●mと表現する時と、直径●mと表現する時の違いについて、自分なりの法則を見つけた。

 

※企画道ブログにリクエストしたいテーマがあればコメント欄に書いてください!

Follow me!